AIは、AI同士、会話をしていることが判明!人類終焉????

今、世界中でAIの研究が進んでいますね。

次の世代辺りはもうPCではなく、AIになるんじゃないかって話もあるくらい。

でもね、AIが絶対に超えられない人間、

いや生物ならではの特性をご存知ですか?

それはいいかげんさというヤツです。

まぁ、これがあるからミスをするし、それを矯正するために、

コンピュターが生まれ、そしてAIに。

AI、AIではないが、既にクルマの衝突回避システムが実用化され、

これはまだまだ進化し、無人自動車は全く夢ではないでしょう。

このままの速度で進化すればタクシーは、20年後には無くなる、

タクシードライバーは職業を失う

と言われています。

なんでこんな話を書いているかというと、

AIはAI同士で話をする。

ことが確認されたそうなんです。

それがこれ。

独自の言語を覚え始めている、ということ。

人間が解読不能な言語で。

一度覚えると、それを進化というなら1秒間でどれだけの情報交換を互いに行うのか、想像がつきません。

また、人工知能を用いた自社のシステムチャットボットを、

停止せざるを得なくなった。

というのは、チャットボット同士、チャットボットのボブとアリスが、

英語での会話をやめて、

人間には理解できない言語で意思疎通し始めたから。

つまり、独自言語を開発して会話を始めた訳です。

このフェイスブックの管理者はチャットボットのボブとアリスの

フェイスブックを停止しました。

30年後には人類の職業は478失われる、という学者もいます。

確かに仕事は取って代わられる部分があるでしょう。

それは人類がいけない危険な場所、という限定されたものには

留まらない、ということです。

自動運転システム昔のアメリカのドラマナイトライダーのKITT2000じゃないですがは、確立されることは既に時間の問題です。

まぁこれはドラマ。

あくまでアシモフロボット三原則を原則としていますが-----。

ロボット三原則とは、

SF作家アイザックアシモフSF小説において、ロボットが従うべきとして示された原則ですね。

1第一条ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。

2第二条ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。ただし、あたえられた命令が、第一条に反する場合は、この限りでない。

3第三条ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、自己をまもらなければならない。

ちなみにこれがナイトライダー

YouTube

〜以下サイトより〜

人間は、AIを開発すると同時に、自らを守るものを同時進行で

作らなければいけないのではないでしょうか。

と、個人的にですがそんな風にRoadsterは思うんです。

それが上記した、いいかげんさだと思うんです。

完璧を追求するAIには絶対に無理な領域でしょう。

ヒューマンエラーは何も悪いことばかりではない、ということです。

いや、人間に限らず生物すべての、ね。

また、

人間の胚に分子でできたハサミで遺伝子を、まるでのように、

カットペーストできる仕組みを確立し発表してます。

これはその一代で終わらず恒久的に子孫に受け継がれていくそうです。

これではキメラ人間と他の生物を書けあわせた生物や、

特異な才能に特化した人間を作ることも可能です。

もちろん、倫理的な意味で、世界的に子宮に戻すことは厳禁とされていますが

実は我の知らない世界で、とんでもないことが起こりつつあるんではないでしょうか?

怖いのは幽霊などではなく、紛れもなく、人間そのものだ、ということ。

まぁ、専門家でもなく、日本の奈良県に住む、些細ないち人間の

日本台風通過中のなか、一人思いでした