世界的インフレ

インフレが進んでいるのはわかっているが、どうもリーマン前後のアメリカを起点として

緩和競争が始まって以来、世界同時インフレが激しく進んだようだ。

インフレが進むと通常株式が上がる。日経だけが出遅れているのでわかりづらいけれど

NYダウが最高値なので普通はバブルそのものだ。しかし

景況感がリンクしないので、これはインフレといって差し支えないだろう。

旺盛な需要を支えるバブルではなくて、どちらかというと人為的な建設とか

公共事業バブルに近いので、そこから外れるともうかっている感じがしない。

このインフレは悪いインフレになりつつある。というのも株価が頭打ちの兆候を

示しているうえに、今年は7の年。リーマンから10年。

87,97,07と暴落、というか何らかの経済危機は7の年なので、

2017も危ない。株を売りたいがちょっと低迷している。

2017.9.27、この日が臭い。

ビットコインがはじけそうなのでここでサインが出る感じがする。

そうなるとこれは持ち直すかもしれないが、87のブラックマンデーのように

米国が取り残されるかもしれない。

日本にしわ寄せが来れば日本が立ち直る。

いずれにせよ物価がやたらと上がっているのは気にしないといけない。

それは=あなたの資産が3〜40%減価したのと同じことなのだ。

そこで資産防衛を考えないといけない。

株はもう売ったほうがいい。

不動産もいいがこれは税金が高い。

車もスポーツカーは倍、普通の車でも3割上がっている。

車は電気になってしまいそうだ。

ガソリン車はかつての2ストのようになってしまうなら、愛好者が増えて

新しく作れなければ、フェラーリAMGマクラーレンは貴重品になるかもしれない。

ナンバー切って置いておくのもどうかと思う。

資産が減っている。

日本人は税金高いのは文句言うが、円の価値が目減りするのは文句言わない。

クラッシュに備えないといけない・・・