沖縄の鉄道

沖縄には、かなり昔鉄道あった。

那覇〜嘉手納・与那原・糸満へと路線を延ばした。

軌道は、762?の軽便鉄道だった。

旅客輸送や砂糖黍(サトウキビ)を輸送する貨物輸送があった。

しかし1945年3月の沖縄戦で沖縄の鉄道施設が破壊され車両や軌道が完全に失われた。

終戦後も沖縄の鉄道は、甦ることがなかった。

2002年に那覇市ゆいレールに寄るモノレールが営業運転を開始する。まだモノレール軌道が不十分であることから新たな沖縄の新交通として路線を拡大して欲しい

広告を非表示にする