希望列車でいこう!341

シュタインズゲートというアニメがあります。

このシュタインズゲートという物語は、映画やドラマ、アニメなどではよくある、タイムマシンを題材にした話しですが、携帯電話を使って、過去にメールを送るというのが、斬新(ざんしん)かもしれない。

主人公の岡部は、ひょんなことから、過去にメールが送れる装置(そうち)を発明する。

しかし、過去にメールを送るたびに、過去が変わり、そのことによって現在も大きく変わる。その繰(く)り返しの中、最終的には、取り返しのつかない大変なことになってしまうという、物語です。

たった一通のメールであったとしても、過去にメールが送れるとしたら、ひとりの人生、あるいは世界を大きく変えることになってしまう。場合によっては、人の生死を変えることすら可能となってしまう。その繰(く)り返しの中、世界が大きく変わり、大きな事件をもたらす結果となってしまう。

このアニメの中では、このように説明している。

ひとつの人生、あるいはひとつの運命、ひとつの人生軸(じんせいじく)のもとに形成(けいせい)された世界を、ひとつの世界線(せかいせん)ととらえる。

人間の人生、世界の成り行きを、ひとつの世界線のうえに成り立っていると考えるわけです。

ところが、タイムマシンを使い、過去に行って、という人を殺したとする。

そうすると、その世界は、今まで、という人間が存在する世界線であったものが、という人間が存在しない、別の世界線へと移動する。世界線が変わるわけです。そうすると世界の歴史や、さまざまな人間の人生までも変わってしまう。そう、とらえています。

そして、そのことを世界線が変わると表現しています。

主人公の岡部が、過去にメールを送ることによって、その世界線が変わり、その繰り返しの中、とんでもない事件に巻(ま)き込まれるということです。

やがて岡部は、仲間とともに、メールではなく、人間の記憶(きおく)を過去に送る装置(そうち)を開発する。肉体は無理でも記憶を過去に送ることができれば、ほとんどタイムマシンと同じようなことができるということです。

そのことを、このアニメでは、タイムリープ(時間を跳躍ちょうやくすること)と表現しています。

そして、その装置をめぐり、岡部の幼(おさな)なじみである、マユリが殺されてしまう。

岡部は、マユリを助けるために、タイムリープマシンを使い、過去へと戻(もど)り、マユリを救(すく)おうとする。

マユリを逃がし、別の場所へと逃避(とうひ)する。しかし、なぜだか、同じ時刻になると、マユリは殺されてしまった。

そして、岡部は、そのたびにタイムリープを繰り返し、過去に戻るが、どんな手をつかっても、どんな場所に逃げても、暗殺者に殺されなかったとしても、暗殺者が現れなくても、マユリは同じ時刻になると、必ず死んでしまった。

まるで、運命に殺されるかのように。

このアニメの中では、このように説明しています。

一本のロープを天井に吊(つ)るしたとする。一本のロープは、一見(いっけん)、一本に見えるけれども、実際は、細い糸が何本も何本も重(かさ)なって、一本のロープを形成(けいせい)している。その一本一本の細い糸が、世界線だというのです。一本一本の細い糸は、それぞれが独立(どくりつ)した糸ではあるけれど、それがまとまったロープの到達点(とうたつてん)は、必ず、天井に吊るした到達点である一点にたどり着く。一本一本の細い糸が、それぞれ違うように、かりに世界線が違ったとしても、最終的には、同じロープの到達点、一点にたどり着いてしまう。すなわち、最終的な結果を変えることは、できない!ということです。

ゆえに、岡部が過去に戻り、どんなにマユリを助け、行動を変えても、最終的な到達点であるマユルの死を変えることができない!

このような、どうしても避(さ)けることのできない宿命(しゅくめい)のようなものを、創価学会が実践する仏法(ぶっぽう)では、宿業(しゅくごう)といいますが、小手先(こてさき)で、どんなに手を尽(つ)くしても、どんなにお金を使っても、ありとあらゆる方法を駆使(くし)したとしても、変えられないのが、悪(あ)しき運命といえる宿業(しゅくごう)です。

では、宿命とも宿業ともいえる、マユリの死を、どうやって回避(かいひ)し、変えていくのか?

このアニメでは、こう説明している。

たとえ過去に戻り、世界線を変えたとしても、その世界線が、一本のロープのような一点の結果に向かう世界線であるならば、結果を変えることはできない!

宿命とも運命ともいえる、その変えられない結果を変えるためには、一本のロープに束(たば)ねられた世界線ではなく、別の違うロープに束ねられた世界線に移動するような大きな変化をもたらさなければならない。すなわち、別の、もう一本のロープに飛び移るような、大きな、劇的(げきてき)な変化が必要となる。

その大きな劇的な変革(へんかく)を成し遂(と)げないかぎり、マユリの死とう結果を変えることは、できないと。

そして、その劇的な変化を起こすために、この物語は展開(てんかい)されていくわけです。

かりに、世界線という運命の糸を、少し変えることができたとしても、その到達点である結果を変えることは、できない。先ほど言ったように、このようなどうしても変えられない悪(あ)しき宿命を、宿業(しゅくごう)と言いますが、この宿業を打ち破(やぶ)り、変えないかぎりは、未来は開けない。人は、この宿業があるから、苦しみ、敗れ、不幸に沈(しず)んでいくと言えます。

そして、その宿命を変えるためには、世界線の集まった一本のロープから、別の世界線のロープに飛び移るような、劇的な変革が必要となる!

実はその、世界線の集まった、宿業という結果を変えられない一本のロープから、宿業を打ち破り宿命を変えることのできる別の世界線のロープに飛び移るようなことを可能にする、唯一(ゆいいつ)の方法といえるのが、創価学会(そうかがっかい)が実践する、南無妙法蓮華経(なんみょうほうれんげきょう)をとなえる、仏法(ぶっぽう)の信仰であり、その仏法の実践活動である創価学会の活動なんです。

南無妙法蓮華経とは、南無妙法蓮華経という法則(ほうそく)であり力とは、この宿業を打ち破り変えることのできる力(ちから)であり、法則だと、言えます。

創価学会の人たちは、その南無妙法蓮華経(なんみょうほうれんげきょう)の仏法を実践しているから、幸せになっていけるんです。

どうしても変えられなかった宿業を打ち破り、宿命を転換(てんかん)して、幸せをつかんでいけるんです。

そして、そういう偉業(いぎょう)を創価学会のひとりひとりが、ことごとく!やってきたのが、創価学会の歴史です。

だから、創価学会は発展しているのであり、世界192カ国に広がっているんです。

別に、タイムマシンがなくても、世界を、平和に、幸福に、変え、ひとりひとりの悩みを解決し、夢や希望をかなえさせ、最高の幸せをつかませてきたのが、創価学会です。

あえて例(たと)えるならば、このアニメでいう、世界線の集まった一本のロープから、別の世界線のロープに飛び移るような変化を、現実の世界で実現してきたのが、創価学会だと言うこともできます。

また、それを可能にするのが、創価学会が実践(じっせん)する、南無妙法蓮華経をとなえる、仏法(ぶっぽう)の信仰だということです。

このアニメでは、過去を変えることによって、未来を変えていった。

けれど、未来を変えるのだったら、別に、過去を変える必要はない。

すなわち、今を変えればいいわけです。

そして、その今を劇的に変えていく、究極(きゅうきょく)にして最大の力が、創価学会が実践している、南無妙法蓮華経をとなえる、仏法(ぶっぽう)の信仰です。

創価学会が実践している、その仏法(ぶっぽう)では、一念三千(いちねんさんぜん)という法則を、説いています。

一念三千とは、心の違(ちが)いによって、違う三千の世界ができあがる!という生命の法則です。

どういうことかというと、もし、本当にこころを変えることができたとしたら、その人の世界は変わっていく!ということです。

そしてそのこころを本源的(ほんげんてき)に、本当に変えていける唯一(ゆいいつ)の力と言えるのが、創価学会の人たちがとなえている南無妙法蓮華経です。

その南無妙法蓮華経をとなえているから、創価学会の人たちは、心を変え、そのことによって自分の世界を変え、不幸から幸せへ、絶望から希望へと、人生と未来を変えていけるわけです。

このアニメの物語は、架空(かくう)の物語であり、ありえない話しです。

けれで、仏法で説く一念三千の法則の、説明に利用することは、可能です。

創価学会の人たちが、ご本尊(ほんぞん)に、南無妙法蓮華経をとえなえていく時、南無妙法蓮華経とは、生命を、心を、本源(ほんげん)から劇的に変革していく力なので、南無妙法蓮華経をとなえていくことによって、その人のこころが、パッと変わる。簡単に言えば、不幸だった心が、幸せに変わるわけです。

一念三千の法則から言えば、こころが変わるということは、その人の世界が変わる!ということです。

シュタインズゲートというアニメで言えば、世界線が変わる!わけです。

心が変わることによって、いままで不幸なる世界線にいたものが、別の、幸せをもたらす世界線に変わる!わけです。

かりに、その変化が最初は目だたない、ごくわずかの違いだったとします。けれどそれでも、最初にいた不幸なる世界線には、その人はもう、いない!と考えられます。こころが変わったことによって、その人の世界が変わり、世界線が変わったと考えるわけです。そして、その世界線が変わった世界で、また創価学会の南無妙法蓮華経をとなえる信仰をやっていくことによって、またこころが変わり、世界が変わっていく。その時点でまた世界線を移動し、世界線が変わるわけです。そして、その世界線が変わった世界で、また南無妙法蓮華経をとなえていった時、またこころが変わり、世界が変わっていく。そしてまた世界線が変わっていく。

幸せの方向へ、幸せの方向へ、どんどん世界線を移動していくと、考えることができます。

そして、その人のいる世界線は、どんどん分岐(ぶんき)していき、最初にいた不幸なる世界線とは、遥(はる)かにかけはなれた大いなる幸せの世界線に移動している!!と、とらえることができます。

だから、幸せになっていける。

勝利していける。

最初の不幸なる自分とは、かけ離れた、素晴らしい幸せをつかんでいけるわけです。

そして、そういう変化を現実の上で可能にするのが、創価学会が実践している、南無妙法蓮華経をとなえる、仏法の信仰だということです。

そして、最も重要なことは、この、創価学会が実践している、南無妙法蓮華経をとなえる仏法の信仰は、宿命を変え宿業(しゅくごう)を打ち破ることのできる、唯一(ゆいいつ)の方法だということです。

ゆえに、どうしても変えることのできない宿命、宿業(しゅくごう)が立ちふさがったとしても、シュタインズゲートの中で言う、一本の、宿命を変えられない世界線のロープから、運命を変え宿業(しゅくごう)を打ち破ることのできる、別の世界線のロープに飛び移るような劇的な変革を、もたらすことができる。

そして、宿業(しゅくごう)を打ち破り、新(あら)たな、最高の幸せと勝利を、つかんでいける!!

創価学会の、南無妙法蓮華経をとなえる仏法の信仰が、宿命転換(しゅくめいてんかん)人間革命を、可能にするわけです。

それはあたかも、アニメシュタインズゲートの中で、主人公たちが、マユリを死から救うために、世界線を大きく変える、劇的な変革を、もたらしていったように。