6/14 クレードル

 ホームセンターを出てすぐのでかい十字路は交通量が多くて渡れないので道がわからないし女学生についていくと全然正しい道に戻れずシャッターが降りる地下街に入ってしまっておりいつも使っているはずのメインゲートへ向かうとそこも午後八時だったので閉まってるしさっき一度スルーした警官に道を聞こうかなと思って探したけど見つからず黒人がウロウロし始めたので出来るだけ接触しないように避けて仕方なくエレベーターに乗ると途中でひとが来てそれを入れるために止めたら次から次へとおじさんが入ってくるし中ではガキが無理矢理エレベーターを動かしてギロチンみたいにしちゃうしそれでもようやく地上に出たら路面にエレベーターの箱が突き出ているような形でおれたちが降りると沈みゆき何もない路面に戻ったので隠しエレベーターだとテンションを上げつつ少し回り道をすると百万石時代村に到達して若くて体格のいいADたちが身に覚えのない絡み方をしてくるので連続タイマンで応戦するとなぜかパンチ一発で倒せてしまう夢を見た。この夢は割とよく覚えていて、時代村に到着しているはずなのにタイマン勝負を挑んでいるときは完全にヨーロッパのオープンカ\xA5

侫Г砲い燭里世辰拭◀△箸覆鵑\xAB夢の中でチケットを貰ったけど覚えてない。リビングでメシを食う夢と、自転車を幼馴染みと帰る夢も見たけど思い出せない。まあ取っ掛かりだけでも書いておくことに意味はありますよね。

 さっきご飯食べてるとき新聞の見出しを見たら「民共が……」と書いてあったので「たみども」ってすげえ言い方してるなと思ったら民進党+共産党の略で民共で安心した。いや安心するようなことは何もないか。おれはどちらかというとそういう権威を振り回しているような奴らが間違えて変な言葉遣いしちゃうみたいなケースに酷く興奮を覚える方の悪い人間なので、たみどもって言ってくれないとむしろ困っちゃうんだよね。ところで実は昨日少年ガンガンを読み切れていなかったので、とりあえずその続きを読むことにした。出かける予定をしているが出かけるまでに読みきれるかどうか、微妙な状況だ。読むという行為への集中が必要だったので、先にじぶんの部屋以外の窓を閉めてやった。これをしておかないと出かける前に慌ててしまいそうだったので。とりあえず予定よりちょっと早めにまんが雑誌を読み終えることができたので安心した、安心してインターネットニュースを片付けることにした。東南アジアニュースを見ていたらベトナム人が日本で大麻を育てるという悪さを働いていたようだけど、その記事内容がなんか警察が別の用事で部屋に入ったら大麻特有の甘い匂いに

気付いたとか書いてあったんだよね。大麻って甘い匂いするんだってそこで初めて知った。本当に知らないので。砂糖でも舐めてろよ。

 予定は順風満帆でお出かけをキメたんだが、なんとハゲのところで一時間も待たされて台無しになってしまった。イライラしたしブックオフで入念に本を探していたら書の本があって、ヨーシこれはいいものだと買って、それから気付いたんだけど背割れしてたんだよね。ひどい話だ。リサイクルショップには何もなかった。帰宅して残りのインターネットニュースを片付けたんだけど、芸能ニュースには興味がないので実名を出すこともないがとある芸能人が恐喝で捕まったあと普通にブログ更新しているって流れで「心の置ける友人」という慣用句を使っていた。これってさあ多分、気の置けない友人→気の置ける友人(誤用)→心の置ける友人(メチャクチャ)になっているんだろうけど、どうなんだろうね。置ける・置けないを間違えるひとはいるんだよね、「ない」だと否定の意味に見えてしまうからね、それは「責任は負いかねません」とやっちゃうようなもんでさ。でも「心」が来るとは思ってもみなかったよ。一応辞書で調べたら「心を置く」っていう慣用表現はあるみたいだけど、遠慮とか打ち解けないという意味なのでやっぱりメチャクチャだ。

 晩御飯のときテレビを見ていたらイギリスビル火災という悲しい事件が発生していたんだけど、こんがり焼けたイギリスのビルを映すカメラの後ろでニッコリ笑う黒人がすべてのムードをブチ壊してくれた。笑い顔とかじゃなくて明らかにニコッと笑ったんだよね。こういうとき、例えば略奪のときもそうだけど、黒人が無邪気な悪意を見せてくるのはなんなんだろうな。被害者をバカにしているというより、空気が読めなくてひたすら陽気みたいな感じなんだよね。今日は音楽の書き出しがあったので、その間に小説を読んでいたんだけど、古い本なので「彼の愛情や理性に対する能力は、かたわである。」と書いてあって爽快感がひろがった。魯迅の翻訳なんだけど、こういう率直な翻訳は本当に好きなんだよね。こういうのも無邪気な悪意みたいなもんで、翻訳でないと出てこない味わいだと思う。