名探偵は眠れない16

ターナーとのデートの日待ち合わせの場所に向かって歩く瑠樹を擦れ違う人達が振り返る「やっぱり、変なのかな?」勝海は褒めてくれたけど友達だから自分を傷付けまいと思って無理してただけなのかも「ターナーさんに、家まで迎えに来て貰えば、良かったかな…」ターナーは迎えに行くと言ってくれたが家族と同居している瑠樹は待ち合わせの方がいいと断ったのだ「でも、アラタさんだけじゃなく、ウチの家族にも、嘘を吐く事になっちゃうから、駄目だよね」そんな事を考えて足早に目的地に向かう瑠樹に見知らぬ男が声を掛けてきた「ねえ、キミどこかのモデル?」*****ターナーは待ち合わせの場所で瑠樹を待っていた約束の時間まで少しあるがアラタに恋人が出来たと宣言すると「えっ?どんなお嬢さん?お幾つ?ご家族は?」しつこく聞いて来るのでデートに遅れるからと逃げて来たのだふと気が付くと周囲の視線がある方向に集中しているつられて目をやるとこちらに歩いてくる女性がいた周囲の人達よりも背の高いその女性は間違いなく瑠樹だ店で見たあのワンピースはシンプルなラインだと思ったが瑠樹の身体の曲線を余すことなく浮き立たせ素晴らしくセクシーだいつもパ\xA5

鵐弔捻◀譴討い覽咾ⓑ椶糧召个泙埜ǂ┐討修里垢鵑覆蠖④咾新舛領匹さ咾ⅷ騮呂涼砲量椶鯏I佞韻砲靴討い詢楴硑呂修鵑兵騮呂了訐類肪僂犬蕕辰特唎箸睫椶鮃腓錣擦蕕譴困砲い織拭璽福爾ⓚ気帽圓辰得爾魍櫃韻茲Δ箸靴浸髎ɚ里蕕銘砲ⓝ楴硑墨辰軍櫃洩昌匹鮑垢圭个靴拭峪驒屬❹△辰燭蕁∀辰靴鯤垢い突澆靴い鵑世韻鼻€廖㯃㯃㯃㯃㯃屬気◆ゟ圓海ξ楴硃彙砲北昌匹鯑佑㌍屬靴織拭璽福爾藁楴硑慮Ľ鯤絜⑳鵑司發Ⅸ个后弔匹Δ靴燭鵑世蹇¤覆鵑ʔ⊋椶辰討襪澆燭ぁ弔困鵑困麒發唫拭璽福爾帽腓錣擦茲Δ箸垢襪❹い弔發茲裲萁旅發しい亙睇鈇ⅹ丨気唎覆襦屮拭璽福爾気鵝⊄圓辰董弔△叩Ą廚茲蹐韻謄汽鵐瀬襪ⓒΔ欧討靴泙辰拭嵶楴\xF9!?」よろけた瑠樹を抱き止めターナーは転がったサンダルに自分の配慮の足りなさを痛感した「すまない、瑠樹。大丈夫かい?怪我は無い?」跪いてサンダルを拾うと瑠樹の足に履かせた「大丈夫です。ちょっとバランスを崩しただけで…」…そっ、それよりも、ターナーが目の前に跪いてる事の方が、心臓に悪い…メチャメチャ周囲の視線が刺さる中狼狽えて赤くなる瑠樹は本当に可愛いとターナーは思った*****「それで、それで?初デートは、どこに行ったの?」

「でっ、デートじゃなくて、カムフラージュだから!」その晩瑠樹は勝海に電話を掛けたLINEではなく直接話したいと思ったのだ「『劇団Zero』の東京公演に、行って来たよ」「えーっ?『Zero』!?うわーあ、いいなあ〜!俺も行きたかったけど、真実さんが、ミュージカルは背中が痒くなるって、嫌がるの〜!」「それ、将来勝海がミュージカルをやる事になったら、柘植さんはどうするんだろうね?」「あはは、俺は歌は好きだけど、全然踊れないから、それは無いよ?」ねえねえそれより公演はどうだった?勝海に舞台の話しをしながら瑠樹は公演の間ずっとターナーに手を握られていた事を思い出していたつづく