風の神様

 地球の大気の状態が近年おかしくなっているのは間違いないことです。それを人的原因と捉えるか、地球の歴史的原因と捉えるかはそれぞれに意味あることかもしれませんが、何しろ異常気象と呼ばれている想定外の自然現象が増えてきていることは間違いないと思います。

 風の神様はサルタヒコノミコトという神様でもあり、伊勢神宮の根本にも風の神様がおられることはよく知られていることです。古い古い神様はサルタヒコノミコトというお名前ではないのですが、本質的には「空」を持っておられる神様なのだろうと思っています。

 何もかもを通す、何物にも依らない、拠らない、因らない、縁らないのがこの神様の本質です。人の為すことは人に還っていくし、地球の成り立ちは時間経過とともに悠久の道を行くだけだし、風の神様が何かを為しているわけではないのだろうと思います。

 ただちょっとだけ人に優しくしていただけないかなと時々お祈りしております。

広告を非表示にする