段々年を取ってくると、性格が顔に現れる

親にもらった顔でも、その人の考え方がその顔を変えてゆく。

同じ人でも、怒ったときと喜んだ時とで顔が違う。

人を恨み、妬み、誹り、ののしって暮らしている人は、毎日毎日その表情を多く作ることになる。

段々、その表情が自分のものとなってくる。

 またその逆に、毎日人を褒め、慈しみ、優しさに満ちた言動をしている人は、顔の表情が慈愛に満ちたものになってくるだろう。

 特に、性格は目に現れることが多いそうだ。

 顔で判断は、その作りではなくて、ちょっとした表情に、その奥にある誠実で優しい心・知性あるそんな心に私は惹かれる。

結婚相手の顔は重要じゃないってホント? 既婚女性の本音とは