本質。

「暴力」で

「間違った奴等の間違った考え方」を矯正してやる、こちらが「少数意見」だろうが、そんなの関係ない・・・・・・・・・・・

というのが「テロリズム」の本質なんだろう、と思う。

もちろん、「テロリズム」は、正しくない。

それは、公正でない、卑怯で自己中心的な考え方(やり方)だ、と思う。

しかしなあ。

こう何でもかんでも

強行採決で決められちまうなら(決めちまうつもりなら)、

それだって

「合法の皮をかぶったテロリズム」なんじゃないの?

って言いたくなる。

これは正常に機能してる民主主義なのか?

ここのところ、「権力側」に都合のいい法律ばかりが成立していってるのではないのか?

どうして国会の場でちゃんと「議論」しないの?

どうして反対意見を・・・参考に、すら しないの?

どうして醜い政治家の奴等って(学校の)お勉強と、金儲けと、自己弁護と自己防御だけはそんなに上手いの?

そうやって偉くなったヒトって、本当に「偉い」の?尊敬できるの?

そして

「皇族」の結婚話なんかに、世間の人は本当に興味あるの?何が面白いの?俺には、つまらない、としか思えない。

気になるのは、あれって本当に、「隠れ蓑」的に利用されたのか?ってことだ。

本当にそんな、胸糞悪くなるようなことするの?政府って。

それにしても・・・・・・・・・

共謀罪」の成立を、本気で潰したければ我々は、どんな風に行動すればいいのだろう?

デモ?

デモなんか「奴等」は、気にもしてないじゃないか。腹立つことに。

・・・・・・・・・・・こんなこと、言うのも口惜しいが

今日、「共謀罪」は強行採決されて、その先には「成立」するだろう。

そして我々はどんどん追い詰められてゆく。

この国はどんどん、住みにくくなってゆく。

広告を非表示にする