☆★☆ コブラからの情報 ★地球の歴史〜コブラ・カンファレンス・ノート★ その4 ☆、。・:*:・゜`★

☆★☆ コブラからの情報 ★地球の歴史〜コブラ・カンファレンス・ノート★ その4 ☆、。・:*:・゜`★

【 質問への回答: 】

フリーエネルギーを大衆に提供するのは、イベントになればずっと簡単になる。

地上であれば、どこへも届けられる。

映画 THRIVE を製作した Foster Gamble はコブラにインタビューした。

とても、素晴らしかった。

松果体の石灰化を物理的な側面でみると、高濃度に達した人が多い。

John of God はライトワーカーである。

計画の一部だから、(イベント後?)私達もグループとして繋がっている。

光をもっと受け取ることは、確かに重要だ。

12月21日、感情などは増幅されて強まる。

圧縮は、起き始めている。

ブレークスルーの後には、大きな解放が起きる。

マグダラのマリアは、イエスのソウルメイトだった。

彼らは結婚して、子供もできた。

この部屋の中に居る全ての人は、プレアデスと繋がっている。

キリストが次元上昇した後、惑星を離れた。

イエスは、インドへ行かなかった。

行ったのは、別の人だった。

もし、故郷に帰りたいという強い願望があるのなら、貴方はプレアデス人だ。

惑星解放瞑想は、重要なウィークリー瞑想で、強い共鳴域を作り出す。

地球が解放されるまで、毎週やるように呼びかけている。

まだ発見の旅の途中、及びイベントに相応の貢献をしている、全てのライトワーカーの為のアクティベーター(活性化因子)という処方を、アレクサンドラが作成してダウンロードした。

詳しい説明は、彼女のウェブサイトで。

http://galacticconnection.com/my-background/october-2012-essence-for-the-times

(訳注 : Alexandra のウェブサイトは、一度乗っ取られて消されてしまった為、そのせいか、上記のリンクは切れている。)

銀河連合とレジスタンス・ムーブメントは、今、タイムラインの修復を行っている。

2012年12月21日以降、ネガティブなことは起きないだろう。

タイムラインの修復は、実現し得るタイムラインの複雑さを表す、数学公式である。

全てのネガティブなタイムラインは、ゼロに収束している。

12月21日以降、ネガティブなタイムラインの可能性はゼロになった。

私達は、ゼロ・ポイントに立つことになる。

女性エネルギーの回復と定着の時が、やって来たのだ。

コブラは、プレアデス人のタイムライン修復プロジェクトとも、関わって来た。

私達は、歴史の中の重要な瞬間を修復するだけでなく、本来の歴史の痕跡やアカシックレコードを見つけることで、時空から因果関係の連鎖関係を修復する必要がある。

例えば、アレクサンドリアの図書館の焼失は、修復される必要がある。

何故なら、本来の事件は、完全に悪い影響だけを残した訳ではなかった。

それが世界に、壊滅的な影響を与えてしまった。

コンゴの侵略が1996年に起きたが、もし、その時空間の漣(さざなみ)を修復できれば、全てのタイムラインを修復することで、ポジティブなタイムラインを一つだけ残すことができる。

幸い、光の勢力はタイムラインの修復に取りかかっている。

全てのタイムラインは、一つに収束しつつある。

私達は皆、故郷に帰ることができるのだ。

私達は全員、何(いず)れソースに戻ることになるのだ。

大昔から、ネガティブなタイムラインが消されることは分かっていたけど、実際に、誰かがそれをやらなければならない。

もし、自分の重要な瞬間に戻って修復すれば、自分の個人のネガティブなタイムラインを全て解消できる。

ビリー・マイヤーは、当初、良いコンタクティーだったが、その後はそうでもなかった。

コブラは、彼の予言に同意しなかったからだ。

プレイアデス人と他の光の勢力と共に、コブラもタイムラインの修復をしている。

私達は、ONEに戻って行くのだ。

【 女神の帰還 】

女神は、間もなく帰還する。

エネルギーは、非常に強くなっている。

このエネルギーを送り出せる女性が一人だけでも居れば、戦争を引っ繰り返すことができる。

この女性エネルギーは、純粋な愛、感受性、思いやりを表し、操作されることも、否定されることも不可能だ。

人間性、操作、否定のゲームの域を超えている。

これは、惑星解放プロセスにとって極めて重要だ。

女神を酷く抑圧して来たから、カバールは成功したのだ。

女神のエネルギーは、非常に純粋な女性エネルギーで、宇宙のどんなエネルギーよりも強力だ。

それなのに、女性はずっと心の傷を負わされて来た。

アルコンを取り除けば、女神を受け入れることが、極めて自然なことになる。

ここは、再び楽園になる。

全ての人間の中に女神のエネルギーが宿ると、理想の暮らし、理想の愛情、完全なバランスが具現化される。

女神の周りには、常に豊かさがある。

常にバランスの中にあるから、一生懸命でなくてもいいのだ。

朝9時から夕方5時まで、働く必要がなくなる。

未来では、最大でも3〜5時間の労働になる。

残りの時間は楽しんだり、具現化したり、霊的進化に励んだりできる。

今こそ、女神のエネルギーを前面に押し出して、バランスをもたらす時だ。

2004年6月は、最初の金星通過だった。

それから、女神のエネルギーの帰還が始まり、ここまで8年間続いた。

この8年間の女神エネルギーのサイクルは、2012年6月に完了した。

それ以来、カバールの計画は、常に何かしらの挫折を食らって来た。

だから、イスラエルとの戦争を始められなかったのだ。

女神のエネルギーが既に届いていて、皆んなのものになったから。

古代の文明は、女神と繋がっていた為、平和と調和の中で暮らすことができた。

女神のエネルギーが、バランスを取り戻してくれたからだ。

彼らは、戦争を知らなかった。

考古学的に武器が出土しなかったことが、証拠だ(でも、最初のアルコン侵略で、武器が持って来られた)。

これは、楽園に対する私達の集団記憶だ。

私達は、いくつの石像を見せられた。

アルコンが力を失えば、この平和と調和の状態は、私達の自然な状態になる。

私達は、更にエジプトで、女神の存在を探求すべく、女神のエネルギーを増やしていくだろう。

自発的な行動は、完璧な生活環境、生態系や完璧な存在を作り出す。

私達は、女神ヴォルテクスをどんどん開いていくぞ。

【 女神ヴォルテクス

女神のエネルギーは、天使の存在で、私達の身体を通って、物質界に定着する。

女神のエネルギーは、解放へのカギでもある。

貴方は自分の体の中で、女神ヴォルテクスを感じることができる。

それは、マトリクスを解消するエネルギーでもある。

アルコンは、女神のエネルギーにアレルギー反応を示す。

だから、カトリック教会が女性を抑圧するのだ。

特に、非物質界のアルコンは、非常に強いアレルギー反応を示す。

女性が女神のエネルギーを導く度に、何千ものレプティリアンが完全に排除される。

アルコンは手に負えず、女神のエネルギーに耐えられない。

女神のエネルギーは、美しさとセクシャリティーなどをもたらす。

女神ヴォルテクスは、スターゲートを通じて、極性を統一し、ボルテックスの目の中でエネルギーとスターゲートを引き起こす。

統一をもたらし、修復をしてくれる。

千単位のレプティリアンは、既に取り除かれているが、非物質界のアルコンはまだ残っている。

私達は、チャンネルとオーラを開いて、女神のエネルギーを受け取る必要がある。

私達は、体内にある全てのヴォルテクス点を、変容させる必要がある。

次の砂時計の図では、上の+極は霊性で、創造的な考えによるインパルス(衝動・欲求)を表し、0から3まで時計回りに降りていって、地面(地球)を表している。

砂時計の底のー極は物質で、過去の経験の統合を表し、5から8まで反時計回りに降りていって、天空を表す。

この二つが出会う場所は、極性が切り替わるところであり、変容が起きる場所でもある。

4の位置は、この転換点の場所であり、ゼロ点とも呼ばれる。

女神のエネルギーは、今年の六月に地下深くに根づかれた。

地下基地で行われていたレイプ、女性の抑圧、マインド・プログラミングやマインド・コントロールは、世界中でネガティブなフォース・フィールドを作り出していた。

アルコンとカバールは、このようにして、女神のエネルギーを手に入れて支配しようとした。

男性は、内側と外側で繋がっていなくてはならない。

電子は、物質の一部だ。

アルコンを封じ込める一番の方法 : カバールの性的エネルギーは遮断されているから、儀式偏重の乱交パーティーを行うのだ。

アトランティスの時代では、正常だったことを彼らは覚えていたが、彼らのエネルギーの流れは遮断されていて、チャクラのバランスが崩れたのだ。

その為に、彼らは目標を達成する為に、儀式を行ってエネルギーを導いて来ようとした。

生贄(いけにえ)も同じ考え方で、目標を達成する為だ。

光の柱を、イメージして下さい。

光の存在に、呼びかけて下さい。

悪を取り除くように、宣言して下さい。

閉鎖された空間から、出て行って下さい。

自然の中に2〜4時間過ごして下さい。

シャワーを浴びて下さい。

他のことに、注目して下さい。

例えば、他人に話しかけたり。

タキオン装置を、利用して下さい。

安定を与えてくれる。

攻撃を受けたら、皆んなに知ってもらって下さい。

タントラは、性的エネルギーを心に統合する為の素晴らしい方法だ。

有害なマインド・コントロール・プログラムの一つとして、性エネルギーを心から分離するものがある。

それが、私達のエネルギーをちぐはぐにしてしまう。

男性の性を統合して、抑えつけずに体験して下さい。

但し、男性は心と統合しなくてはならない。

男女両方がこのようにすれば、性エネルギーも、心も、一つになれる。

男はセックスで体験をするが、女性は心で体験をする。

豊かさを引きつけて皆んなに与えるには、エネルギー的に純化した金を使うことができる。

赤ちゃんの魂を洗礼で支配する為に、イエズス会は金を使った。

レジスタンス・ムーブメントは、金をヒーリングして、魂と繋がらないようにした。

小さな(?)おばあちゃんは、水晶をヴォルテックスにおいて地球を癒して、光のエネルギー・グリッドの活性化を助けている。

ヴォルテクス・ポイントに水晶を置くことで、エネルギーを浄化できる。

これは、私達がソースに戻る為のサイクルではない。

何故なら、これは二度と起きないからである。

私達は、既にこのレッスンを学んだ。

私達は、二度と生まれ変わったりはしない。

猫や犬は、アセンデッドマスターにはならない。

彼らのエネルギーはバランスされて、とても幸せになるだろう。

鉱物の世界は、進化して植物になり、植物の世界は動物になる、などなど。

進化は、前にしか進まない。

転生で、後退することはない。

戻ることは、絶対にない。

女神のエネルギーに入って行くのは、五回目の黄金時代になる。

私達は覚えていないのは、過去に何度も起きたからだ。

二元性を終わらせる為、黄金時代は永遠に続くことになる。

ツインフレームが決して出会わない理由の一つは、アルコンが環境を弄(いじ)っている為である。

主力のアルコンは既に排除された為、ツインソウルが一緒になり易くなっている。

ツインソウルに出会った為、に亡くなった人もいる。

準備をしておく必要がある。

ツインソウルに出会って、酷い死に方をする人がいる。

ツインソウルとの出会いは、肉体に大きな負担をかける為、完全に準備していなければならない。

アリス・ベイリーが「高次元進化の道」に書いた魂の選択の情報は、古い情報だ。

今は、アセンションに戻る為の選択肢が色々あり、どれも私達をソースに連れ戻してっくれる。

ツインフレームは、8次のイニシエーションの後(あと)、一つの存在に融合される。

ここに居る私達には、高過ぎる波動だ。

アセンションの後(あと)、私達には多くの選択肢がある。

どの選択肢も、結局はソースに戻ることになる。

マヤ族の暦の終わりをもって、私達は既に螺旋(らせん)状の時間の中に居る。

私達は、螺旋(らせん)状の意識だ。

私達の体は、それに追いつく必要がある。

これは、5次元の触りに過ぎない。

銀河のハートを手にいれると、私達の心臓はもっと速く鼓動するようになる。

銀河のハートが、私達の真の自分と同調する為だ。

それによって、睡眠や食事や脈拍のパターンが変わり、足元の床が消えてしまうような感覚を覚えてめまいになったりする。

私達は銀河の心拍と、どんどん繋がるようになっていく。

全ては、どんどん加速していく。

他の人もこの体験をすることになるので、力になってあげて下さい。

脈拍が早まったら、落ち着いて、瞑想して、呼吸を意識して下さい。

女神のエネルギーの体験は、女神のダンスと同じで、螺旋(らせん)状の意識なのだ。

女神のエネルギーと繋がる為のカギは、身を任せることだ。

2004年〜2012年の間、女神の帰還サイクルがあった。

内なる女神の目覚めだ。

イシスの使命は、女神のエネルギーを定着させることだ。

これは、極めて重要な使命だ。

私達はソースとの繋がりを切り離されていて、グラウンディング(接地)もしていないのだ。

地球との接地感覚を得る為に、母なる地球と繋がることは非常に重要だ。

ガイアは、女性の惑星だ。

続き →