05/02 巨人「堀内監督」 の評価について

下記日記は、

友達のSさん (広島ファン) の、

「なぜ堀内さんって、あんなに嫌われているんだろう?」

という疑問のつぶやきに返信するつもりで書きはじめたコメントが

異様に長くなってしまったため…

途中から 「いっそ日記にしてしまうか」 と考えなおし、

仕上げたものになります↓

---------------------------------------------------

---------------------------------------------------

★これは、巨人の 「堀内監督」 のことでしょうか?

僕が本格的に (データも参照しつつ) プロ野球を観るようになったのは

「原巨人」 からですので、

以下の話は あくまで、ネット上で集めた情報と、

当時の世情を思い出しつつ、推測したもの にすぎませんが…

どうか、それを念頭に聞いてくださいね

---------------------------------------------------

★「堀内さん」 が嫌われてしまっている理由の1つは、

彼が監督を務めた2年間、

長距離砲タイプのバッターがそろっていながら

(ただし、調子は万全ではなかったようです)

巨人が優勝から遠ざかってしまった ため、

巨人ファンから嫌われた事…

もう1つは、「清原」 との折り合いが悪く(?)、

シーズン中に彼に戦力外通告を出したことから、

当時の清原の 「頼れる兄貴」イメージを

妄信していた世間からも、嫌われてしまった事 …

そんなところに、

大きな理由があるのではないでしょうか?

★しかし、それなりにプロ野球の知識のある者にとっては、

監督1つで優勝の有無が決まるほど、

物事が簡単ではないことは明白です。

バッターの調子だけで優勝できるほど甘い世界ではないことは、

阪神・横浜・広島(ごめんなさい) などが、

過去に何度も 「実演」 してくれています

★また 「清原」 も、

当時こそ 『兄貴』 として世間に慕われ、

巨人を出た後は 辛辣な巨人批判を口にしたり、

「巨人の選手と没交渉になっている」 現在を語って、

『やっぱり清原はパ・リーグの選手!

 巨人の金銭野球とは肌が合わなかったのだwwww』

などと、アンチ巨人やアンチ読売マスコミを大喜びさせましたが…

後年、実は覚醒剤を使用していたことが判明 した途端、

アンチ巨人やアンチ読売マスコミは、即行の手のひら返し。

『やっぱり清原は 巨人の選手だよなー!

 覚醒剤に手を出すとか、社会人として恥ずかしくないのかっ!!』

などと、昨日の自分たちの発言を忘れてしまう脳の病気なのでは?

と思わせるほどの 180度転換(笑) を見せたものでした

---------------------------------------------------

★しかし、一度ついてしまった堀内さんへの悪評は

「一般的には」 変わることはなく

(物事を全体的に見れる人にとっては そうとは限りませんが)、

『巨人を弱くし、清原という名選手を切り捨てた 悪人』

という 「イメージ」 だけが

今も固定してしまっている のではないでしょうか?

★恐ろしい話ですが、それが 「世間」 というものなのです

簡単にマスコミやネットに扇動され、

一度ついた過去のイメージを、

新しい情報で上書きすることもできない…

特に日本は、

子供の頃から 『記憶重視教育』 を施されているため、

物事を 「憶える」ことは得意でも、

自分の頭で 「考える」ことは大の苦手 です。

★そのため、「堀内さん」 の評価が変わるということは、

残念ながら難しいと言わざるを得ません。

いまだに 『巨人「カトケン」 の死球』が 「誤審」あつかいされ、

死球としては誤審ですが、あれは正しく 『危険球』 です)

いまだに 『巨人「菅野くん」 の巨人入団が、ルール違反』 と言われているように…

(彼は1つとして、ドラフトにおけるルール違反はしておりません。

 世間からの不条理な大バッシングに耐え抜き、

 1年間のプロ野球浪人という大リスクを乗り越えて、

 今の好成績を残しているのは、驚異としか言いようがないほどです)

それが、無責任な 『世間』 というものの実態 なのです

僕は、その 『今の日本の世間』 が、不快で情けなくて たまりません…

そんな世の中が少しでも変わってくれることを信じて、

こうしてネットで意見発信をしているのかもしれませんね

【終わり】