天の邪鬼’ @女房も畳もバイクも新しい方がいいに決まっている

◆ 昨日は、私にとっての二代目“ズーマー”で高良山に森林浴ツーリングに行きました。

 昨日は時々くもりでしたが、まぁまぁいい天気だったので、休日の日課にしている高良山に森林浴ツーリングに行ってきました。やはり、最高の気分でした。

 高良山の頂上付近には“久留米森林つつじ公園”があり、つつじがほぼ満開に近く咲いていました。私は、酒を飲まないので、桜よりもつつじの方が好きです。

 これからしばらくは、高良山の一番いい季節。“新緑の季節”は高良山にとっては最盛期と思います。高良山は、“紅葉の季節”より新緑の季節の方がいい。[#新緑の季節]

 山全体が色とりどりの緑にあふれます。私は、そんな中を高良山の尾根筋にツーリングすると、生き返るような気分になります。

◆ 二代目ズーマーは初代ズーマーよりも数段も快調です。

 二代目は、さすがに新しいだけのことはあります。エンジンもサスペンションもブレーキまでもガタがきはじめていた初代とは違います。でも、それは乗り比べればわかる程度の差。

 所詮は“50歩100歩”の差の範囲。レースをするわけでもないので、どうでもいいと言えばどうでもいい。

 ちなみに、私は子どもの頃から数学が好きで、“50歩100歩”のことを“1歩2歩”と“約分(?)”して表現するのがクセですが、今日は、普通に書きました。

 ついでに、“女房と畳は新しい方がいい”というのは的を射ていると思います。車やバイクもできれば新しい方がいいのですが … でも、古いのも馴染んでいて捨て難い。