読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東洋経済オンラインコピペ(エイスースって読むのか)

ASUSスマホ、「コスパ最強」と言える深い理由

佐野 正弘:モバイルジャーナリスト

エイスースはもともとパソコンやそのパーツを手掛ける企業で、日本でも高性能ノートパソコンの「ZenBook」シリーズなどを販売する。これこそが強みの源泉だ(著者撮影)

格安スマホの拡大とともに、日本でも注目されている「SIMフリースマートフォン」(どの携帯会社の回線でも使える端末)。このSIMフリースマホ市場で中国・ファーウェイと上位を争っているのが、台湾・エイスース(ASUS)だ。価格以上の性能と質感を実現するコストパフォーマンスの高さに加え、日本市場への対応に積極的なことが人気の要因になっている。

日本のSIMフリースマホを盛り上げ、市場の牽引役となったのが同社の「ZenFone(ゼンフォン)」シリーズだ。

同社が日本でZenFoneシリーズを最初に投入したのは、2014年11月発売の「ZenFone 5」。最も安いモデルで2万6800円という低価格ながら、“格安”とは思えない質感の高さを実現し、それでいて高速通信規格のLTEに対応するなど、十分な性能を備えていた(当時はLTE非対応のSIMフリースマホも多かった)。ZenFone 5はたちまち人気となり、エイスースはSIMフリースマホの代表格へと上り詰めたのである。

メモリ8GBの超ハイスペックモデルも

翌2015年に発売された「ZenFone 2」も、性能とコストパフォーマンスの高さでヒットを記録。2016年に後継機「ZenFone 3」を投入した際は、同時にハイエンドモデル「ZenFone 3 Deluxe」も発表し、中でも5.7インチのモデルは、フルメタルボディに高速CPU(中央演算処理装置)や6ギガバイトのメモリ、2300万画素のカメラなど非常に高い性能を備えていたことから、受注が一時停止されるほどの人気となった。

初回980円!松嶋尚美さんも興味津々?のプラセンタ

広告agt

ZenFone 2は「性能怪獣」(パフォーマンス・モンスター)と呼ぶなど、安さだけでなく、高スペックを猛アピールしていた(著者撮影)

エイスースはスタンダードなモデルだけでなく、豊富な端末バリエーションを擁することも特徴だ。

2016年には光学3倍ズームができるカメラを搭載した「ZenFone Zoom」や6.8インチもの大画面ディスプレーを備えた「ZenFone 3 Ultra」、今年1月には4100mAhもの大容量バッテリーを搭載した「ZenFone 3 Max」などを投入している。今夏にも非常に特徴的な機能を持つ「ZenFone AR」を発売予定だ。

ZenFone ARは、グーグルのAR(拡張現実)技術「Tango」と、VR(仮想現実)技術「Daydream」といった、今話題の新技術に対応したスマホ。それだけに性能は非常に高く、5.8インチの有機ELディスプレーに高性能CPU、スマホ初となる8ギガバイトのメモリを搭載するなど、現時点では最高峰というべきスペックを誇る注目機種だ。

だがエイスースは、世界的に見て大きなシェアを持つスマホメーカーというわけではない。にもかかわらず、これだけ質と性能が高いモデルを、低価格で提供できる理由はどこにあるのだろうか。

今年の夏に発売される予定の「ZenFone AR」は、3つのカメラで空間を認識し、昨年『ポケモン GO』で注目されたARをより本格的に実現する、グーグルの「Tango」という技術を搭載している(著者撮影)

それは、同社がパソコンメーカーであり、そのリソースをうまく活用しているからだ。

そもそもエイスースは、マザーボードを中心としたパソコン用パーツを手掛け、後にパソコンなどの開発も行うようになった企業だ。

日本でも2008年ごろに人気となった「ネットブック」と呼ばれる5万円前後のミニノートパソコンで人気を獲得して以降、日本法人を設立して本格的な市場開拓を進めてきた。

その後エイスースは、タブレットとしても使える2 in 1パソコンからゲーミングパソコンまで、幅広い種類のパソコンを提供。コストパフォーマンスの高さや製品のユニークさで、ITに詳しいユーザーの間で人気となった。パソコンの延長線上でタブレット端末の開発にも積極的に取り組んでおり、2012〜2013年にグーグルが販売した人気タブレットNexus 7」も、実はエイスース製だったのだ。

インテルとの強力なパートナーシップ

タブレットスマホは使用するOS(基本ソフト)が共通していることから、CPUやメモリなど、使用する部材も同じものが多い。それゆえ、エイスースはスマホ単体では大手メーカーにかなわないものの、タブレットなどで使用する分と合わせて部材を大量調達することで低コスト化を実現。それがスマホの低価格化へとつながっているのだ。

最高の暇つぶしゲー!気軽にゆるっとワンタッチ魚釣り

広告釣りスタ

3.5

インストール

ZenFone 2の背面にインテルのロゴがあることからもわかるように、エイスースはかつて、スマホにもインテル製のCPUを積極的に採用していた(著者撮影)

それを象徴しているのが、ZenFone 2シリーズの頃までインテル製のCPU「Atom(アトム)」シリーズを採用していたことだ。Atomは低価格のパソコンなどにも用いられているCPUで、エイスースとしては幅広い製品に搭載しやすいメリットがある。

しかもインテルは当時、スマホ向けCPUで最大手のクアルコムに対抗するべくAtomシリーズの強化を進めていた。エイスースはパソコンで培ったインテルとの強力なパートナーシップを生かし、スマホにもインテル製CPUを多く採用することで、調達の効率化を進めたのである。

もちろん、エイスースのスマホが日本でヒットした理由はコストパフォーマンスだけではない。日本向けのローカライズに積極的に取り組んだことも、人気の大きな要因となっている。

外資系メーカーの多くが、市場規模が小さいSIMフリー向け端末のローカライズ(地域ニーズへの対応)を避ける傾向にある中、エイスースがそれに積極的に取り組んだのは、パソコンメーカーであることが大きく影響している。エイスースは日本で長い間パソコンなどの販売を手掛ける中で、独自のニーズを取り入れてローカライズを積極的に進めることこそが、販売拡大につながると学んだのだ。

パソコンとスマホの両方でノウハウを蓄積

スマホに関しても、「格安スマホ」という名前が生まれる前の2013年、エイスースは3G(第3世代の通信規格)による通話や通信が可能なタブレット「Fonepad」や、タブレットスマホを合体できるユニークな仕組みを備えた「Padfone 2」などのSIMフリー端末を投入したことがある。

スマホで日本に進出する前の2013年、「Fonepad」などのSIMフリータブレットをいくつか投入し、日本市場の動向を見極めていた(著者撮影)

これらの販売動向からSIMフリー市場の成長性を見極めるとともに、詳しいニーズを把握するなど綿密なマーケティングを実施。このことは、その後、日本で販売する製品の選定やローカライズに大きく影響し、同社を成功へと導いた。

ヒット端末のZenFone 5では、日本以外ではあまり使われていないが、NTTドコモが主要な周波数帯の1つと位置づける「800メガヘルツ帯」にいち早く対応し、日本語入力システムにも実績の高い「ATOK」を採用。日本で快適に利用できる環境を整え、広く支持を集めた。

昨年も、ほかのSIMフリースマホメーカーに先駆けてKDDIau)のネットワークに対応し、「UQ mobile」など、au系格安スマホ業者の躍進に貢献している。

エイスースを率いるジョニー・シー(Jonney Shih)会長。日本市場を熟知する同社は次にどんな端末を投入するのだろうか(撮影:梅谷秀司)

現在は付加価値戦略を進めているが…

パソコンメーカーとしての強みを生かし、日本で成功を収めたエイスースだが、最近では課題も浮上している。昨年にインテルAtomシリーズの終了を発表し、インテル製のCPUが使えなくなったのだ。

そのため、ZenFone 3以降、クアルコム製のCPUを中心に使用するようになったが、これは同時に他社メーカーと同じ土俵に立ったことを意味する。販売規模がモノを言う世界だけに、大手メーカーと比べて調達で不利な面が出てくるのは確かだろう。

そうした影響からか、エイスースは最近、従来の主力であるミドル・ローエンドだけでなく、ハイエンドモデルを増やすことでスマホの販売単価を上げる付加価値戦略を進めているように見える。日本では、格安スマホでも質の高い端末を欲するユーザー層が広がっていることもあり、その戦略がうまくマッチしているようだ。

ただ、ファーウェイなど大手メーカーと対抗し続けるうえでは、新たな戦略が求められるところ。日本市場を知り尽くしたエイスースは、次はどんな端末でユーザーを獲得するのか、中華系SIMフリースマホの競争にも、大きな影響を及ぼしそうだ。