シニアプロスポーツ

ゴルフにはシニアのプロが戦う場があるがあまり盛り上がりがない。プロ野球はOB戦があるがあまり面白くない。かつての勇姿を思い浮かべるのにはよいけど戦う楽しさはない。ゴルフにはハンディ戦はあるがプロには向かないし、プロ野球で40歳以上のハンディを設けても面白さに欠ける。例えば40歳以上は守備枠は若手を使い、打撃枠のみ40歳以上の人はできるなどあるが、やはり本当の戦いの意味では面白くない、一緒にスポーツをする意味でのハンディは良いかもしれない、やはりプロスポーツは決められたルールの中でその時点で最高のスピードと連続性をみたい、見るスポーツにはシニア枠は受け入れがたい、参加するスポーツにはハンディは存在するが、プロスポーツでは最高の動きを見たい、