読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本の野党って無駄だわ、

久しぶりに日記を書いています、

ここのところニュースや新聞などで、

森友問題の過剰報道や大臣への奇怪な質問や侮辱に対して、

発した発言を失言として、辞任を要求する野党やマスコミに対して、

ウチ個人の主観ですが、「無駄」「無意味」としか思えません、

これらの事象は会社の経営として考えるとわかりやすいと思うのですが、

会社を経営していくと、何らかの問題や不条理、不遇と思う状態などが発生します、

それらに対して、経営陣への批判は当然出てくるものです、

それは公けに出てくる批判と公けに出てこない、いわゆる陰口と言われるものです、

日々の仕事での欝憤晴らしに、そういった陰口は非常に有効で有益です、

何しろ大した投資や経費も掛けずに、次の仕事に立ち向かえるようになるのですから、

非常に有益と考えています、

ただし、そういった批判が有益と出来るのは一社員か中間管理職の立場の者です、

会社の運営者経営者であれば、陰口垂れているなら会社を変えろよ、

その人物らの意向で社が動いているならば、

かじ取りはしっかりとせねばなりません、

それは陰口などによる欝憤晴らしなどより遙かに優先せねばならない事柄です、

ところで質問ですが、国会議員って国政の運営者ですよね?

社長に苦情を言ったら、じゃあどうしたらいい?と質問されたら、

何の回答も代案も、経営の方針すらも持ってなかった、

それじゃただの一従業員であれば、まぁ大した問題にはなりませんが、

国会議員が国政の運営者と言う概念が欠如しているのです、

それは野党の議員に特に強く、

個々の議員でもそうですが、党と言う集団になると更に悪化します、

議会でプラカードを掲げ、訝しく思ったのですが、

今、日本の置かれている状況と言うのがあります、

個人の家の感覚で言えば、

今、まさに北朝鮮が玄関をハンマーで破壊し、

押し入ろうとしているような状況だと思っていますが、

その状況下で森友問題ですよ、

例えて言うなら玄関を壊して押し入ろうとされている状態で、

部屋の片づけのお小言を言われている様なものです、

今、その話をすべき状態だと思うのか?

日本が我が社、我が家、と言う概念そのものがない、としか思えません、

それは連日のメディアと呼応するような森友問題の報道で、

逆に政府の支持率が上昇すると言う結果が如実に表していると思うのです、

トランプと言う人物がアメリカの大統領になった、それだけでもおおごとです、

中国の無法は拡大し続け、

韓国の無法と無秩序は悪化の一途を辿り、

北朝鮮の脅威は過去にないほど増大しています、

今、いったいどれだけの問題や脅威に対し、

対策を講じねばならないのか、一国民に過ぎないウチですら、

その難しさ、困難は察する事ができます、

選挙で選ばれ、それなりの人数から信任を受けた議員が、

国政の運営者である意識がない、など許されるのでしょうか?

野党議員の発言は、いつまでも、どこまでも、

一社員の社長への陰口と大差なく、

批判する事が目的で、辞任や退陣させる事が目的、

それ以上の展望は皆無、

その実情を多くの有権者は先の民主政権で体験したのです、

民進党民主党は違う存在です的な発言が議会で発せられましたが、

あぁ、やっぱり、そういう認識なんだろうな、思っていた通りだ、

一般家庭であっても、小さな案件を背負う時があります、

例えばある場所に棚を作ろうとしましょう、

その棚は正確に、頑丈に、目的とするものを安心して収納できる棚である必要があります、

その棚の製作をするには、どこにどういったものを収納する棚なのか、

どれほどの強度が求められ、予算は如何ほど、時間的な余裕はどれほど、

棚を作る、と言うだけでもそれだけの責任と情報の処理が必要です、

その場に出来上がった棚の完成度を気にしない人物の介在は邪魔です、

今の野党では邪魔無駄無意味、にしか思えません、

そもそも、何の責任を背負っているのか、さっぱり見えてきません、

邪魔をするために国政の場に送り込まれてきたのでしょうか?

いや、実際、そうである可能性はありますね、

メディアの連呼する、アベ政権の暴走、と言うお題目に乗ったならば、

国政の運営能力などなくても、

国政の邪魔になるだけの存在として、

求めている有権者、と言うのも、案外あるのかも知れません、

ウチとしてはそれで日本が成り立つのか、と問いたいですけどね、

先ほどの例え話で言えば、日本国民が納まる日本、と言う棚は、

安心して納まっていられる棚を作る責任は国会議員にはあります、

その責任より、政権の批判を優先するならば、

いつぞやの流行語にノミネートされた表現をするなら、

責任を背負わない野党、死ね、と思いますよ。