4月6日

インドで反英運動を取締る法律が施行。ガンジーがこれに抵抗して非暴力・不服従運動を開始:1919年のこの日。モーハンダース・カラムチャンド・ガーンディー(Mohandas Karamchand Gandhi、1869年10月2日〜1948年1月30日)は、インドのグジャラート出身の弁護士、宗教家、政治指導者。マハトマ・ガンディー(=マハートマー・ガーンディー)として知られるインド独立の父。「マハートマー」とは「偉大なる魂」という意味で、インドの詩聖タゴールから贈られたとされているガンディーの尊称である(自治連盟の創設者、アニー・ベザントが最初に言い出したとの説もある)。また、インドでは親しみをこめて「バープー」(「父親」の意味)とも呼ばれている。日本語では「ガンジー」とも表記される。1937年から1948年にかけて、計5回ノーベル平和賞の候補になったが、受賞には至っていない。ガンディーの誕生日にちなみ、インドで毎年10月2日は「ガンディー記念日」(ガーンディー・ジャヤンティー)という国民の休日となっており、2007年6月の国連総会では、この日を国際非暴力

デーという国際デーとすることが決議された。(出典:今日は何の日、Wikipedia)画像は、インド独立の象徴であるマハトマ・ガンディー。日本ではガンジーとも称す。

広告を非表示にする