読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人に必要なもの

暇人なので真っ昼間に投稿です。

『人が生きるために必要なもの』

物理的な面と、精神的な面に別れます。

物理的には、

水や空気は当然なので置いといて

やはり「お金」です。

お金が無いと

住む所も困る

食物も満足に摂れない

医者にもかかれない

毎日が、金を稼ぐためだけに生きる

そうなってしまいます。

最低限、毎月貯蓄できるくらいは働こう。

お金はあり過ぎて困る事はない。

本題は精神面

「友人」「恋人」「家族」・・・

色々とあるが、総じて

「愛情」です。

人には愛情が必要である。

これを基にして

『人は独りでは生きられない』

という言葉が出来たと思われる。

ここからは私の持論であるから、

多少世間とは違う解釈かもしれない。

円満の日記でも書いたように、

私はたいていの事は、

入口と出口の二つがあると考えている。

愛も同じく二種類と考えており、

入口が「受ける愛」

出口が「与える愛」

である。

「受ける愛」は『愛されていると実感する事』

「与える愛」は『愛したいと思う事』

この二つは相手と対になって

循環するものと思う。

循環しなくなると危険信号ですよ。

もう少し砕けて書くと

『相手の言動を嬉しく思う心』→感謝

『相手が喜ぶ事をしたいと思う心』→奉仕

感謝と奉仕です。

夫婦であれ恋人であれ、

感謝と奉仕を忘れてはいけません。

『いつもご飯作ってくれてありがとう』

『いつも綺麗に洗濯してくれてありがとう』

もうね、言うのはタダだから。

感謝を言えば、晩御飯に一品増える。

『いつも働いてくれてありがとう』

『私結婚して幸せです』

思ってなくても言えばいいさ。

そしたら、上機嫌の夫から

『今度、温泉旅行でもいくか?』

旅行まで付いてくるかもしれない。

愛なんてこんなもんですよ。

みんな深く考えすぎと思う。

なお、これは異性間だけではありません。

親子や兄弟姉妹、友人間や仕事先でも、

相手が人間であれば成立します。

この「お金」と「愛情」

実は、犯罪要因の上位になっている。

怖い面もある事を肝に命じておこう。