【ネットビジネスにおける成功者の共通点について】

ネットビジネスにおける成功者の

共通点について説明してみたので、

一緒に勉強しましょう。

 

 

 

◆1、チームに属している

 

成功者は、必ずと言って良いほど、

チームに属しています。

 

 

 

成功できない原因は、

モチベーションが保てなくて、

辞めてしまって結果が出ない人が

ほとんどだからです。

 

 

 

一人でやっていたら、

話し相手がいなくて、ヤル気が下がって

いってしまいます。

 

 

 

ネットビジネスを一緒にやる仲間がいる

環境に自分の身を置くことは、成功への

第一歩です。

 

 

 

ももちろん、チームを作って、

ネットビジネスをやっています。

 

 

 

◆2、努力家

 

 

成功者は、物凄い努力家です。

 

 

その努力は、半端ありません。

 

 

1日10時間以上の作業とか平気でやってます。

 

 

 

そして、必ず何かしらの行動しています。

 

 

成功者は、物凄い勉強家なんですけど、

更にその実践を必ずしています。

 

 

 

ちょっと勉強しただけで、実践して結果を

出している人も成功者の特性のうちの一つです。

 

 

 

勉強することよりも、先に動いて実践して

いくって人が成功者には、多いです。

 

 

 

実践することの方が勉強することよりも

遥かに頭を使いますので、大変なので、

成功できない人は、これをめんどうくさがって、

やろうとしません。

 

 

 

実践することが、

勉強することに繋がりますので、

実践をメインでやっています。

 

 

 

実践した結果、わからないところを

勉強して補って、また実践する。

 

 

 

◆3、人のせいにしない(言い訳をしない)

 

成功者は、物凄い騙されてお金を失ったり

大失敗をしているケースが多いです。

 

 

 

しかし、それを人のせいにしていません。

 

 

たとえ、

どんな状況からでも成功してみせるのが、

成功者です。

 

 

 

全部、自分が源、自分が原因で

目の前の状況になっているんだっていう

自己責任の考え方ができているわけです。

 

 

 

いろんな選択肢がある中で、自分が

これを選んだから、こうなったと、

全部自分が原因で、その結果を引き

起こしたっていう考え方を成功者はしています。

 

 

 

成功者も、別に成功する前は、

普通の状況だったんですが、

状況が整ってなくても、

それを言い訳にすることはありません。

 

 

 

こうだったらとか、こうなれば成功できる

と言ったような『たられば』を言って、

逃げるようなことは、成功者はしません。

 

 

 

◆4、全部一人でやろうとしない

   (外注を使っている)

 

 

成功者は、他の人に何か作業を

頼んでいるケースが多いです。

 

 

自分の力だけで全部やろうとすると、

結局、全部中途半端になってしまったり

時間が掛かってしまうので結果が出るのが

遅くなります。

 

 

 

一人でメルマガで稼いだっていう方も、

結局、何かしらの作業を外注に

頼んでるケースがほとんどです。

 

 

 

ホームページ&ランディングページ、

画像とかのデザインを誰かに任せたり、

SEOも任せたり、集客を任せたりしています。

 

 

SOHOビレッジとかだと、安くやってもらえる。

 

 

もし自分でやろうとしてしまったら、

それを作れるようにするのは、

時間が掛かるし、作れるようになったとしても、

作るのに時間がかかる。

 

 

 

ライターに文章を書いてもらったりもできる。

 

 

でも、全部任せるから、自分は何にも

わからなくても良いわけではなくて、

大まかな流れだけ、どうやれば稼げるかだけ

わかっていれば、それだけで良い。

 

 

 

本当に必要なものがどれで、相場が

わかっていれば、外注に何か言われても

それは要らないですって言えるので、

それだけ理解しておく必要がある。

 

 

 

◆5、諦めないで、結果が出るまでやり続ける

 

成功者も最初から稼げているわけではありません。

 

 

寝ないでやり続けるとか、そういう時期が

あったっていうのも成功者の特性の一つです。

 

 

 

◆6、ポジティブ

 

成功者は、たとえ失敗しても、いちいち

くよくよしていません。

 

 

 

常に前を見ています。

落ち込んでいる暇があったら、

何か行動しています。

 

 

最後まで、読んでいただいて、

ありがとうございます。