読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40肩50肩の施術!

正式な診断名は“肩関節周囲炎”

坐骨神経痛で定期的に来院されてましたが、1年半近くパタリと来なくなりどうされたのか気になってましたが、

仕事を退職し坐骨神経痛の痛みが無くなっりましたが、

ひどい五十肩になり、半年間整形外科リハビリ外来するも満足いく結果でなく

こちらに足をお運び下さいました。

動作テストでは右腕が、前にも横にも48度程度でしか上がらず

後ろ回しではズボンの後ろポケットにも触れられない状態でした

[image:2]

〜〜施術開始〜〜

・座位で右腕の筋膜リリース(手、肘、腕の付け根、胸部、背部、股関節、足首)を整え

(このだけで腕は肩より上に上がり後ろ回しも自分の背骨より反対側まで回せるようになりましたが、動かす時の痛みが強いため、本人はそれどころではなかったようです)

・うつ伏せで操体法。内臓、筋肉、骨格の歪みをほぼ整え

・DRT(という手技)で更に内臓、骨格、髄液の流れを整え

・全身の骨格の歪み(この方はバキバキ矯正はなし)を整え、全身のポイントポイントの筋張ってる筋肉を整え

・首から腰まで脊椎牽引をして

・ゆくみ三大指標の内臓(でも特に腸)、頸椎一番目、頭蓋骨の蝶形骨を整え

施術終了。所要時間は問診からすべて含めて80分…施術自体は60分なのですが

この1年半のお身体になる経過や動作テストの確認で時間がかかってしまった

根本を整えたので、痛みは今日の夜か明日には今より軽減してる旨を話し、自宅にお帰りになりました

2〜3日様子を見てから、まだ動きが悪ければ来院の旨をお伝えすると、その場で御予約を入れて下さいました

そして次の来院時に“お客様の声”を書いて嬉しい感想を聞かせて頂きました

まだ電磁波ゼロベースを行う以前の症例ですが、

電磁波障害の静電気による著しい筋肉の拘縮が可動域の制限や痛みを大きくするので

ゼロベース施術の今ならコイルを肌に着けての施術と自宅電磁波の影響を調べて場合により自宅内でも

お身体から電磁波を抜き続ける事をお勧めしてます